内科的歯周病診断

内科的治療を行うことで除菌ができます。顕微鏡検査と遺伝子検査は痛みはありません。

位相差顕微鏡 リアルタイムPCR お薬

顕微鏡で歯ぐきの菌の
状態を観察する

  リアルタイムPCR
(歯周病菌DNA検査)
  それぞれの菌にたいして
お薬を飲み、抗カビ剤で
歯みがきをする 

 

このような菌を口の中で見る事ができます。

口腔内の菌

歯周病菌の遺伝子検査は3回行うことをお勧めいたします。

 

内科的歯周病治療の進め方

1回目・・・初診時の菌の状態を見る
2回目・・・お薬を飲んだ後の菌の状態を見る
3回目・・・除菌を行ったうえでの歯石とりなどお口のお掃除を終えた後の菌の状態を見る。

その後3ケ月ごとの定期検診の際、顕微鏡で菌の状態を見ますが年に一回は遺伝子検査を行うことをお薦めします。
除菌を行った後でも歯周病菌は感染することがあります。
定期的診断を行うことで、いい状態を保っていきましょう!
そうすることで、いろいろな病気のリスクの軽減に繋がります。

 

内科的歯周病治療の効果

 

内科的歯周病治療の効果

わずか2週間で菌が減少しています

▲このページのTOPへ